稜線のこちら側

好きな音楽や日常の事を書きます

装苑(2017年9月号)

特集は「衣装のアイデンティティ

「増田貴久が手がけるNEWSの衣装」。今までアイドル誌でもひとつのツアーの衣装を全部並べて紹介してもらったことは一度もなかったと思うので、女性誌、しかも装苑でこうやってまとめてもらえて嬉しい。ハガキ出そう~。衣装の紹介だけではなくてちゃんとセットリストを載せてくれてあるのも、曲との繋がりを感じられていいなと思った。

ライブのオープニングを飾った“軍服マント”は、ロマンティックな生地で王子様感もあってとても好き。ラインナップの中では特に「ジャニーズっぽさ」があるんだなと今更気付く。現場ではジャニーズっぽさというよりもアニメ感のほうが強かったw

“ファーのパッチワーク”は一番最初のページで着用しているしファンの反応も大きかったんだろうな。わたしもこれ大好き。暑そうだったけど、見栄えがしてがちゃがちゃでかわいかった。

NEWSが着るピンクの衣装は特別で、僕らが過去にやってきたことへのリスペクトと継続。


“モノクロピンク”、この衣装を見た時チェリッシュの衣装に似てるなって思ったけど、まっすーの中ではさくらガールだったのか。ファンもピンクの衣装から芋づる式にNEWSの過去を連想することを、きっとまっすーも分かっているんだろう。
そして“モノクロピンク”だけではなくて、“黒金”はDancer in the darkの“黒銀”、“迷彩”も多分、2010年のLIVE!LIVELIVEで着用した迷彩柄の衣装にコンセプトの源があると思う。

NEWSの歴史はアイドルらしいきれいなものばかりではない。けれど、まっすーの衣装が心に映し出すNEWSの思い出は、少し切なく、でも幸せな、NEWSが好きだというあの頃の素直な気持ちばかり。メンバー本人が想いを込めて作っているからこそ、忘れず繋がっていく記憶がある。

これからもまっすーの作る衣装が、NEWSの強みとして存在していくよう期待しています。

装苑 2017年 9月号 (雑誌)

装苑 2017年 9月号 (雑誌)