稜線のこちら側

好きな音楽や日常の事を書きます

晩夏の墜落(文庫版、上下巻)

noteの早川書房のアカウントで「晩夏の墜落」の発売を知り、面白そうだったので購入しました。

主人公は、一度は絵を描くことを諦めた画家スコット・バロウズ
偶然知り合ったセレブ主婦マギー・ベイトマンに誘われ乗り込んだプライベートジェットがまさかの墜落。助かったのはスコットと、マギーの息子JJ。

助かった直後はJJを助けた男として英雄扱いされるスコットですが、マギーの夫デヴィットが大手TV局の取締役であったこと、マネーロンダリング容疑でFBIに目をつけられていたキンプリング夫妻が同乗していたこともあり、生き残ったスコットに向けられる視線は疑惑へと変わって行きます。

エンターテイメント性が高く最後まで一気読み!おすすめです。

 

晩夏の墜落 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

晩夏の墜落 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 
晩夏の墜落 下 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

晩夏の墜落 下 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 次は何読もうかな〜